大阪市西区・西長堀・阿波座・西大橋近くの婦人科・産科『さゆり女性クリニック』です。女性医師と女性スタッフが温かい雰囲気でお迎えいたします。妊婦健診、女性特有のお悩み、ピル処方、不妊相談、避妊相談、各種健診、骨密度測定などに対応いたします。

緊急避妊

緊急避妊について

緊急避妊

避妊に失敗した際等、妊娠を防止するピル処方として緊急避妊(アフターピル)があります。
72時間以内に所要量のピルを服用し妊娠を回避する方法です。
緊急避妊ピルが必要な方は予約なしでも受診いただけます。

服用はクリニック内でしていただきます。

アフターピル(緊急避妊ピル)は避妊に失敗した、避妊をせずに行った等、性交後72時間以内に緊急的に用いる避妊薬です。
服用はクリニック内でしていただきます。
当然、100%妊娠防止という確証は無く、正しく服用しても妊娠を防止できないケースがあります。

アフターピル(緊急避妊ピル)の必要なケース

  • コンドームの破損
  • 避妊をしない性交後
  • 低用量ピルの内服忘れ、下痢等によるピルの吸収障害時

内服方法

ノルレボ法

レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤をを性交後72時間以内に1回内服します。

ヤッペ法

ホルモン配合剤ピル(エチニルエストラジオール+ノルエチステロン)を性交後72時間以内に2錠内服します。
その後、12時間後に2錠内服します。

妊娠阻止率

妊娠阻止率は排卵日付近の性行為で妊娠を避けられる確率のことをいいます。
排卵日付近の場合、ノルレボ法で約15%、ヤッペ法で約43%が妊娠してしまうと言われています。
緊急避妊ピル(アフターピル)は100%妊娠を回避できるものではなく、妊娠阻止率は性行為後の時間経過とともに低下します。
可能な限り早期の服用が有用です。

副作用

ノルレボ法

悪心が認めらる場合があります。

ヤッペ法

吐き気をともなうことがあります。

妊娠が回避できたかどうかの判定

アフターピル内服後は、約8割の女性が予定生理日前、もしくは2日後以内に生理様出血があります。95%の方が予定生理日の7日後以内に生理様出血があります。
そのため下記事項についての留意が必要です。

  • 生理様出血があるまでは性交渉は控えてください。
  • 生理様出血が予定生理日より7日以上遅れた場合、もしくは通常より軽い場合はご来院ください。
    患者様自ら、市販の妊娠反応チェッカーて確認いただくことも可能です。
  • 市販チェッカーは妊娠反応に敏感なhCG 25IU(25単位)のものを用いることをお奨めいたします。
ClinicInformation

診療時間
 9:00~12:00
14:00~17:00

…9:00~14:00

2024年7月1日から月曜午前診療は院長と男性医師との2診制となります

休診日水曜午後、木曜、土曜午後、日曜、祝日

06-6535-7238

〒550-0013 大阪市西区新町4丁目6番23号
阪急OASIS新町店2階 新町クリニックモール

大阪メトロ 千日前線・長堀鶴見緑地線『西長堀』駅 4A・4C出入口より徒歩約1分

駐車場あり